Rubber band GUNS  シュレディンガーの猫

Rubber band GUN Maker
シュレディンガーの猫
by HAKUDOH
ロシアのモスクワで創業し,北海道は旭川・稚内・士別と移転しながらゴム銃の工房を構えています。
ブランド名「MOSRINI」改め「シュレディンガーの猫」ということで、今後お見知りおきください。

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< RFR-009はひとまず置いて | TOP | RFR009再開 >>

2007.09.30 Sunday

新機構?

量産機用の機構のテスト用に作ってみました。
頭の中で考えた機構がうまく作動するのか試すためです。
ひとつは、トリガの回転角を小さくするためのリンク。
シアをプッシュロッドで動かすのですが、その状態を保持するために輪ゴムでテンションをかけています。
もうひとつはホールドフック引き込み式を瞬間開放にできないかという挑戦です。
普通の回転ホールドフックはフックが回転して前倒しの斜めになるところをゴムが滑って発射されるわけですが、銃身の中にフックが引っ込む形を考えました。瞬間開放でないものは昔盛んに作られたようですが、これを瞬間開放にするものです。
写真のものは、ゴムのリリース時、フックはほぼ垂直です。
発射時のゴムの挙動を縦方向に安定させることが狙いです。

PRFR001PROTO

コメント

私も量産機を作りたいと思っていますが難しいですね。

でも、今までのはくどさんの作風からガラッと変わりましたね。
2007/10/01 9:25 PM by ダボ爺
旭川在住ということで、少しずつ、木のよさを生かしたものを目指したいと思っています。

ただ、金属併用のもので究極を目指したいという気持ちも残っているので、それは別系統ということで。

後、工作教室みたいなものでも取り上げられるように、工具については糸のことドリル程度でできるものを目指しています。
2007/10/02 7:49 PM by はくどを
銃風がちょっと違って、また面白いですね!!
いろんな銃を作られるといいですね。
でも、やはり金属の重量感があるはくどさんの
銃は存在感がありますね!!
2007/10/02 11:01 PM by

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://guns.gallery-h.net/trackback/486082

トラックバック

▲top