Rubber band GUNS  シュレディンガーの猫

Rubber band GUN Maker
シュレディンガーの猫
by HAKUDOH
ロシアのモスクワで創業し,北海道は旭川・稚内・士別と移転しながらゴム銃の工房を構えています。
ブランド名「MOSRINI」改め「シュレディンガーの猫」ということで、今後お見知りおきください。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 外見ができてきました | TOP | RFR-009の内部 >>

2007.12.08 Saturday

RFR-009ひとまず完成

後ろから

ずいぶん期間がかかってしまいましたが、RFR-009を完成させました。
グリップは捨ててあった2段ベッドの枠板を拾ってきたものです。
ちょっと、ラワンに似ていますが、ラワンよりも硬めで、目も詰まっていて程よい重量感のある木です。塗装は油絵用のリンシードオイル(亜麻仁油)です。
グリップ右

グリップ以外で使った木材は、パドゥックという南洋材です。
下から

機関部アップ
トリガーガードは合板で心材はメープルです。
照門なんかはちょっと手を抜いてしまいました。

コメント

メタル感が非常にいい感じですね!!
というか、ゴム銃とは思えないリアル感がありますね!!

金属加工の技術というか、昔から(若い時から)旋盤技術に
あこがれていたので、とても感激してます!!

2007/12/08 6:33 PM by HTIおじさん
金属だからといって特別なもの工具はほとんどありませんが・・・強いてあげれば金鋸と鑢、ネジを切るタップくらいかな。

でも、HTIおじさんも無線関係の工作もこなされますので、金属加工もお手の物とお見受けします。

ゴム銃でも金属を取り入れてみてはいかがでしょうか。
2007/12/09 4:45 PM by はくど
待っていました、やっと完成しましたね。

手に持ってみたいです。
2007/12/10 8:31 PM by ダボ爺

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://guns.gallery-h.net/trackback/540533

トラックバック

▲top