Rubber band GUNS  シュレディンガーの猫

Rubber band GUN Maker
シュレディンガーの猫
by HAKUDOH
ロシアのモスクワで創業し,北海道は旭川・稚内・士別と移転しながらゴム銃の工房を構えています。
ブランド名「MOSRINI」改め「シュレディンガーの猫」ということで、今後お見知りおきください。

<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< RFR-009ひとまず完成 | TOP | RFR-010完成 >>

2007.12.16 Sunday

RFR-009の内部

RFR-009の内部を紹介します。
機関の動きは回転式瞬間開放銃なのですが、ゴムの挙動からすれば斜面滑射と同じ動きをします。

内部1

狙いは、ゴムがリリースされる瞬間に、可動部品に触れていないということです。つまり、発射の瞬間の輪ゴムの動きから、不安定要素を少しでも減らすことを狙っています。

内部2

開放時の様子です。
回転すると、回転軸からオフセットされたホールドフックは下方に下がると共に、斜面リリーサの隙間に埋没する形になります。
ゴムの動きとしては一杉氏のスライド式瞬間開放銃に近いものとなります。

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://guns.gallery-h.net/trackback/548371

トラックバック

▲top