Rubber band GUNS  シュレディンガーの猫

Rubber band GUN Maker
シュレディンガーの猫
by HAKUDOH
ロシアのモスクワで創業し,北海道は旭川・稚内・士別と移転しながらゴム銃の工房を構えています。
ブランド名「MOSRINI」改め「シュレディンガーの猫」ということで、今後お見知りおきください。

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< RFR-009の内部 | TOP | RFR-010詳細 >>

2007.12.24 Monday

RFR-010完成

RFR010left

以前から気になっていた横掛け銃に取り組んで見ました。
利き手をゴム掛けに使う人も居るそうですが、右利きの私はオーソドックスに右手持ち左手掛けとしました。
リリース方式は普通に瞬間開放銃です。
ホールドグルーブ(前端のゴムを掛けるところ)の形状で集弾性等が大きく変わるようですが、現在のものでもまずまずの性能が得られています。
もうひとつ、コインペンドラム用ということで、装填性が問われるのですが、これのよしあしはもう少し練習してみないとなんともいえません。
RFR010right

コメント

一目で「はくど」作というのががわかりますね!!
銃風がわかるようになるとシメタものです!!
昨日のクリスマス大会でも「はくど銃」話題になってましたよ!!

CPは装填時間も勝負の1部ですからフックに掛ける
間合いも短いにこしたことはありませんよね!!

昨日のクリスマス大会で自己ベストの24点を獲得しましたが
私の場合18回/60sec==>1分間に18回の装填回数
でした。チャンプの奥村さんは30回以上だそうです。

これの3回繰り返しですから、90回のうち奥村さんは75回を
点数として挙げています、実際に審判をしているとすごいこと
すごいこと。。。実際に見ているとすごいです!!

実は、昨日の自己ベストは奥村チャンプからいただいたCP用
横掛け銃でした。

はくどさんの作られたCP用スペシャル銃も横掛けなので原理的には
同じだと思います。
どうか満足のゆくまで。。。
私も練習をして次回のCPの点数をもっとアップさせたいと思っております。
2007/12/24 6:06 PM by HTIおじさん
いつも丁寧なコメントありがとうございます。

まったく、2秒に一回の割合で撃って8割以上があたるというのは驚異的ですね。

私は銃を作るのが面白くて、練習はついサボってしまいます。マッチボックス競技やフライシュート競技なら、集弾性を見て一安心できるというのもあったのですが。

コインペンドラム競技の銃に関して言えば、装弾性の比重が非常に高いですから、使ってみなければその良し悪しが評価できませんね。

まずは、2秒に1回撃てる銃になっているかを検証しなくては。
2007/12/25 8:22 PM by はくど

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://guns.gallery-h.net/trackback/557521

トラックバック

▲top