Rubber band GUNS  シュレディンガーの猫

Rubber band GUN Maker
シュレディンガーの猫
by HAKUDOH
ロシアのモスクワで創業し,北海道は旭川・稚内・士別と移転しながらゴム銃の工房を構えています。
ブランド名「MOSRINI」改め「シュレディンガーの猫」ということで、今後お見知りおきください。

<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< トリガーの制作 | TOP | FRF-011 アンダーバレルの制作 >>

2008.01.06 Sunday

機関部完成

正月休み中に完成という目標は達成できませんでしたが、機関部がおおむねできました。

機関全体

トリガ戻しバネはシア戻しと共用で、トリガ側はバネをまっすぐに伸ばし、トリガに開けた1mmの穴に差し込むことで、ずれないようにしています。

トリガ戻しバネ

反対側はシア戻しバネとして働き、こちらは6mmの浅い穴にはまるようになっています。
又、ホールドフック戻しはフロッピーディスクの巻きバネで、10mm角アルミ棒に入れた溝に挟まる形で回転軸に巻きついています。

シア戻しバネ

ホールドフックを下から見ると、隙間でシャフトに巻きついている様子が分かると思います。


ホールドフック戻しバネ


19:00 | 銃の機構 | comments(3) | - | - | - |

コメント

金属にネジを切るという具体的な作業が
よく分かりました。
ホームセンターにネジ切り(タップというのでしょうか!?)
治具があると思うので探してみます。

今、レーザーポインターを使ったゴム銃を計画していますが
ポインターの照準のアジャストをする仕組みに悩んでました。

どうしても微調整にはネジ式がベストだと思います。
作り始まったらアドバイスをお願いしますね!!
2008/01/07 10:02 PM by HTIおじさん
ブログのほうでレーザーポインタのは見せていただきました。
確かに、実装の仕方に工夫が要りそうですね。

実用化を楽しみにしています。
2008/01/09 9:59 PM by はくど
ブログのほうでレーザーポインタのは見せていただきました。
確かに、実装の仕方に工夫が要りそうですね。

実用化を楽しみにしています。
2008/01/09 9:59 PM by はくど

コメントする









▲top