Rubber band GUNS  シュレディンガーの猫

Rubber band GUN Maker
シュレディンガーの猫
by HAKUDOH
ロシアのモスクワで創業し,北海道は旭川・稚内・士別と移転しながらゴム銃の工房を構えています。
ブランド名「MOSRINI」改め「シュレディンガーの猫」ということで、今後お見知りおきください。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< FRF-011 アンダーバレルの制作 | TOP | RFR-011完成 >>

2008.01.10 Thursday

メインバレルやグリップの制作

メインバレル

メインバレルは15mm角のアルミパイプを使って作る。
バンドソーは刃の交換で金鋸の代わりにも使えて便利。

メインバレル ホールドフック側

ホールドフック側は、両側の斜面がリリーサとして働き、フックが開放されたときに、この斜面を滑って発射される。

サイト可動部

サイトは横方向のみネジで調整可能にしてある。
上下方向はサイトを固定するネジ穴を上下方向に遊びを持たせてあり、固定ネジを緩めることで調整できるようにしてある。

センターグリップ
グリップは、等高線に合わせて切ったものを積み重ねる形で作ることにした。
まずはセンターの材料を切り抜き、本体部分を固定するための穴を開けて固定できるようにする。今回の材料はセンターをベッドの枠板を使った。ちょう結構きれいな木目が出ていてうれしい。
外側に張り合わせるときに、一番外側にも使うことにした。

グリップの肉盛り

で、そのセンターグリップの両側に薄い板を等高線状に切り抜いて張り合わせていく。今回は、3mmの朴と3mmのアガチス材を使った。

23:46 | - | comments(0) | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top