Rubber band GUNS  シュレディンガーの猫

Rubber band GUN Maker
シュレディンガーの猫
by HAKUDOH
ロシアのモスクワで創業し,北海道は旭川・稚内・士別と移転しながらゴム銃の工房を構えています。
ブランド名「MOSRINI」改め「シュレディンガーの猫」ということで、今後お見知りおきください。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< メインバレルやグリップの制作 | TOP | 木製RFR-011 >>

2008.01.11 Friday

RFR-011完成

RFR-011を完成しました。
ららぽーと横浜のユニデザインで開催されるゴム銃射撃体験で展示していたけるよう発送済みです。見に行ける方には実物を見ていただければ幸いです。

全体

最近話題になった極太短銃身の銃です。
トリガーガードはチーク・バーチ・チークの3層構造の曲げ木。
グリップは3種類の木を重ねてある。

斜め前から
メインバレルは15mm角のアルミパイプを使った。
銃身長115mm。

上から

グリップの樹種は、朴、アガチス、不明種(子供用2段ベッドの枠)。

後ろから

サイトは横方向のみネジで調整する。上下方向には真鍮板の止めネジを緩めることで調整可能。

前から

大きなジョーが高速装填の助けとなるはず。

07:19 | 銃本体 | comments(4) | - | - | - |

コメント

なんだか、いいですねぇ。。。!!
ほおずりしたくなります。
ガンダムみたいです。。。

きのう、ホームセンターでネジを切るタップを
買い求めてきました。
はくどさんの写真を見て参考にしました。
ネジを切るのは初めてなのでとてもうれしいですよ!!
2008/01/11 9:53 PM by HTIおじさん
今、札幌に出ていて、インアターネットカフェからのアクセスです。
インターネット難民の気分だけ味わわせていただきます。


タップでのネジ切りができるというのは、スペースの成約がきついところを克服出来たり、デザイン上難しかったことが出来たりと作品の幅が広がります。

ビスも、皿ねじのほかになべねじそのほか、色々ありますので、使い分けると、タmp曽於作品が出来ると思います。

HTIおじさんの次作を期待しています。
2008/01/12 7:22 AM by はくど
いつもながら、デザインと加工技術には感心させられます。
機会があったら手にとって見てみたいものです。
2008/01/12 9:22 PM by ダボ爺
ダボ爺さんありがとうございます。
当分、理事長のところにあるそうですので、見ていただける機会があるとよいのですが・・・ 北海道ほどではなくてもやはり遠いですね。
2008/01/14 2:26 PM by はくど

コメントする









▲top