Rubber band GUNS  シュレディンガーの猫

Rubber band GUN Maker
シュレディンガーの猫
by HAKUDOH
ロシアのモスクワで創業し,北海道は旭川・稚内・士別と移転しながらゴム銃の工房を構えています。
ブランド名「MOSRINI」改め「シュレディンガーの猫」ということで、今後お見知りおきください。

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< RFR-011W完成 | TOP | RFR-012 メインバレルの制作 >>

2008.04.19 Saturday

RFR-012の制作

メインボディ

設計に手間取り、なかなか制作に入れなかったのだが、やっと、作業をはじめられるようになりました。
今回は、設計図から部品図を作り、スプレー式の貼って剥がせる接着剤で材料に貼り付けながらきったり穴を開けたりしてみます。
上は、メインボディ用の2mm厚真鍮板を切り抜き、2枚張り合わせてねじ止めしたところです。
例によって、穴を一つ開けて2枚をとめ、重ねた状態で二つ目の穴を開ける。ずれないようになったら、きれいに整形したり、残りの穴を開けたりします。

ボディの整形

ピンは真鍮釘にダイスでねじを切る。
ダイス
で、できたネジ。
ピンのねじ切り

ボディのほうにはタップでネジを切る。
ピン穴のねじ切り

07:35 | 製作過程 | comments(4) | - | - | - |

コメント

いよいよ始まりましたね!!
ダイスとタップでネジを切るのが
よく分かりました。
製造過程がよく分かって楽しみです。
2008/04/19 9:39 PM by HTIおじさん
長い期間の放置にもかかわらず、見に来てくださってありがとうございます。

今回は、設計図があるので、結構順調に進むんじゃないかと思います。
2008/04/19 11:55 PM by はくど
いつ始まるのかと待ってました。

現役のときは試作品作りでネジ切りなどよくやりました。懐かしいです。
完成を楽しみにしています。
2008/04/22 4:25 PM by ダボ爺
その道のプロだったのですね。>ダボ爺さん

つたない工作を公表するのが恥ずかしいですが、工具の使い方のおかしな点などビシバシ教えてください。

制作のほうは着々と進んでいるのですが、作るのに夢中になると更新がおろそかになります。
2008/04/25 5:31 AM by はくど

コメントする









▲top