Rubber band GUNS  シュレディンガーの猫

Rubber band GUN Maker
シュレディンガーの猫
by HAKUDOH
ロシアのモスクワで創業し,北海道は旭川・稚内・士別と移転しながらゴム銃の工房を構えています。
ブランド名「MOSRINI」改め「シュレディンガーの猫」ということで、今後お見知りおきください。

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< RFR-012 メインバレルの制作 | TOP | RFR-012 機関部の完成 >>

2008.04.26 Saturday

RFR-012 機関部パーツ

機関部のパーツを作る。
まずはトリガの根元に当たる部分。3mm厚アルミ板で2mm厚真鍮板を挟む。真鍮板を挟む形でトリガが取り付けられる。取り付け部の穴は長くあけてあり、トリガは前後に移動することが可能。

トリガホルダ

回転シア。トリガホルダーの後ろ端が持ち上がる動きを、スライドシアの前後の動きに変える。


回転シア

切り出す前のホールドフックの土台。これに2mm釘のピンを立ててホールドフックとする。

ホールドフック

12:04 | - | comments(0) | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top