Rubber band GUNS  シュレディンガーの猫

Rubber band GUN Maker
シュレディンガーの猫
by HAKUDOH
ロシアのモスクワで創業し,北海道は旭川・稚内・士別と移転しながらゴム銃の工房を構えています。
ブランド名「MOSRINI」改め「シュレディンガーの猫」ということで、今後お見知りおきください。

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< RFR-012 機関部の完成 | TOP | RFR-012 >>

2008.05.05 Monday

銃身と機関部

銃身&機関部

というわけで、銃身と機関部が出来上がった。
よく見るとわかると思うが、基本的にTommy0501のコピーである。

1. ピンから銃身の上にまわすタイプのホールドグルーブ
2. ホールドフックとホールドグルーブの間に位置する照門
3. 照準の邪魔にならない低い位置にありながら、発射時には跳ね上がり
   ホップアップをキャンセルするホールドフック

などがTommy0501より借用したアイディアである。

01:43 | - | comments(4) | - | - | - |

コメント

はじめてコメントさせていただきます。いつもハッとするような凄い感性の精密射撃ゴム銃にうっとり見入ってしまいます。新作銃RFR-012の完成を楽しみにしています。
Tommy0501ストライカーは金属ピンタイプのリアホールドフックはローポジションにオフセットされていて、標的を狙ったまま撃てる設計です。私もリアホールドフックを低い位置にオフセットしたシア連結型瞬間解放式単発狙撃拳銃を製作しましたが(mixi日記・2008年02月11日 ・コペタ ニンマリー シューター)ホールドフックとホールドグルーブを金属ピンにしなかったのでリアサイト(照門)を省略しました。後付けでリアサイトの装着を考えているのですが・・・
2008/05/06 12:26 AM by エスコペタ
エスコペタさん、コメントありがとうございます。
エスコペタさんの作品を見たくて、無理行ってMIXIに入れてもらいました。

照門は、狙いをつけるためというより、銃の上面の決まった場所に輪ゴムが収まるために重要かなと思いました。(Tommy0501を見た感じで)銃身が長いので、大きな問題ではないのかもしれませんが。
2008/05/06 1:39 AM by はくどを
>エスコペタさんの作品を見たくて、無理行ってMIXIに入れてもらいました。

ありがとうございます(?)早速マイミクに追加させていただきます。

>照門は、狙いをつけるためというより・・・・・・

Tommy0501の照門の機能は、装填した輪ゴムの収まりを確実にするためのものだと思われます。私の作ったストライカーは銃身長が28cmですが、照門が無くても「#16輪ゴム」での収まりにはまったく問題はありません。

ところで、RFR-012のホールドフックは慣性自動復帰式のようですね?
2008/05/07 1:43 AM by エスコペタ
じゃ、まあ、照門は飾りということで・・・

で、ホールドフックはその通り、始めてのバネなしです。
Pacontaファクトリーの研究成果を元にしています。
重力復帰式と言ったほうがわかりやすいかも知れません。
2008/05/07 5:23 AM by はくど

コメントする









▲top