Rubber band GUNS  シュレディンガーの猫

Rubber band GUN Maker
シュレディンガーの猫
by HAKUDOH
ロシアのモスクワで創業し,北海道は旭川・稚内・士別と移転しながらゴム銃の工房を構えています。
ブランド名「MOSRINI」改め「シュレディンガーの猫」ということで、今後お見知りおきください。

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< RFR-013制作の始まり始まり | TOP | 今日のお買い物 >>

2008.12.05 Friday

バンドソーのサードパーティー製ブレード

私のバンドソーは12800円の特売品で、付属のブレードも通販で買った純正ブレードも、お世辞にもよい切れ味とはいえない代物。
おまけに、特殊な長さで在庫も少なく、特に、金属用が入手困難になっていた。

そこで、特注の長さのブレードをを作ってくれるところをさがした。

で、見つけたのが、「ひだおさんの特注ブレード」

http://www8.ocn.ne.jp/~tool5/sinntaku.html

引き割り用10mm幅と木工曲線切り用3mm幅、金属用10mm幅を注文。

値段は木工用が2300円と2200円で、純正品よりちょっと安い。
金属用は3000円で、純正よりもちょっと高め。

それが本日届いた。



早速、不用品の机を分解した硬い木を引き割りにしてみるが、快適そのもの。

「使用者の声」の「別の機械のようにすいすい切れる」という投稿は大げさじゃないことを実感。
こりゃ、バンドソーを使うのが楽しくなります。

21:40 | - | comments(2) | - | - | - |

コメント

ブレードによって切れ味がずいぶん違うとは聞いていました。
リョービのバンドソーで純正ブレードを使っていますが、挽き割りの時はいまいちという感じです。
予備に3本も買ってしまったのですが、幅広用を購入してみたくなりました。
2008/12/06 10:05 AM by ダボ爺
リョービも安いものは中国製ですので、うちの純正品と似たり寄ったりかも知れませんね。
一本試しに買ってみると、新しい世界が拓けるかもしれません。
2008/12/06 2:13 PM by はくどを

コメントする









▲top