Rubber band GUNS  シュレディンガーの猫

Rubber band GUN Maker
シュレディンガーの猫
by HAKUDOH
ロシアのモスクワで創業し,北海道は旭川・稚内・士別と移転しながらゴム銃の工房を構えています。
ブランド名「MOSRINI」改め「シュレディンガーの猫」ということで、今後お見知りおきください。

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< バンドソーのサードパーティー製ブレード | TOP | RFR-013 制作記 2 >>

2008.12.06 Saturday

今日のお買い物

今日は材木の買出しに行ってきた。
以前から、曲げ木細工用に厚手の突き板が欲しいと思っていたのだが、インターネット上で見つけた材木屋が、意外と近くにあることがわかったからだ。
そのお店というのがこちら

http://www8.ocn.ne.jp/~tool5/sinntaku.html

家からは50km強。
芦別という町にある。

行ってみてびっくり。
とにかく安い。

旭川市内だって木工の街で、テーブル天板とか、銘木の類など売られているのをよく見かけるが、それらと比べると目に見えて安い。

突き板だけでなく、つい、あれもこれもと手が伸びてしまう。



買ってきたのがこれだけ。占めて5830円なり。
一束1000円とか600円とか



ウォルナットの突き板22枚で500円とかナラの立派な角材910mmが600円とか。



後は、これを製品にするだけ・・・・

14:09 | 材料 | comments(3) | - | - | - |

コメント

たくさん購入しましたね。
この板をどう切り出して、どう使うかと考えるだけでも楽しいですね。
すばらしい作品を発表されるのを楽しみにしています。
2008/12/06 11:10 PM by ダボ爺
ひぃやー羨ましいですね!!!
自分は木材の素材がどれだけあっても足りないくらい色々買いたい派です。
材料があると、あるぶんだけイメージがふくらみます。
いいですね〜、素晴らしい作品作ってください。
2008/12/07 12:02 AM by フォレスト
そうそう、いろいろな材料を目の前にあれこれ考えるのが楽しいんですよねー。

そればっかりで材料のストックばかり増えていくのが問題ですが。

大量の突き板が手に入ったので、木製のアタッシェ・ケース(もちろんゴム銃用)を作ってみたいなあとか考えています。

カエデの板を何枚か挽き割りしてみたのですが、硬いのでカンナがけが大変でした。
それでも、カエデが削れるくらいの刃が砥げるようになった自分がうれしいですが。
2008/12/07 5:39 AM by はくどを

コメントする









▲top