Rubber band GUNS  シュレディンガーの猫

Rubber band GUN Maker
シュレディンガーの猫
by HAKUDOH
ロシアのモスクワで創業し,北海道は旭川・稚内・士別と移転しながらゴム銃の工房を構えています。
ブランド名「MOSRINI」改め「シュレディンガーの猫」ということで、今後お見知りおきください。

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< グリップの製作3 | TOP | ドリルの刃を買ってきた >>

2006.11.19 Sunday

材料を買ってきた

今日は木材を買ってきました。
今まで、樹種のわからないまま、木目を見て、粘り強そうなものを選んでいました。
今回は、樹種をメモしながら買って、帰ってから辞書で調べてみました。

「бук(ブナ)」 500×400×21 で558ルーブル2,464円
「дуб(ナラ)」 950×90×25  で259ルーブル1,144円
「груша(洋ナシ)」  500×200×20 で407ルーブル1,798円

本当に珍しいのですが、棒材も見つけました。これですぐにTammary 8000が作れます。
「ナラ」の棒材  1000×30×5 で一本45ルーブル198円
木材

コメント

厚さが20mm以上だと、薄く加工するのが大変ですね。
でも、ブナ材とかナラ材とか豊富にあるようなので
うらやましいです。
2006/11/19 10:55 PM by HTIおじさん
>でも、ブナ材とかナラ材とか豊富にあるようなので
>うらやましいです

ナラとブナしか無いといったほうが正しいかも。
私にとっては、朴やアガチスが使いやすい正確な寸法で売られている日本がどんになにかうらやましいことか。
洋ナシも今回初めて見かけた樹種です。

こちらで木材といえば、90パーセント松の類です。
家を建てるにはよいのでしょうが、木目の癖が強くて、ゴム銃の細かなパーツを作るには不適当です。

先日、偶然「ナイフ フェスティバル」みたいなところに遭遇したのですが、そこでナイフの「柄」に使うチークを発見。値段を聞くと、30mm×30mm×300mmで100ユーロとのこと。泣く泣くあきらめました。
2006/11/20 3:33 AM by
100ユーロというと、12、000円くらいでしょうか!?
ちょっと。。。考えますね!!

>私にとっては、朴やアガチスが使いやすい正確な寸法で売られている日本がどんになにかうらやましいことか。

そのような、現実を知らなくて、スミマセンでした。
日本にいるとそういうところがどうしても、忘れがちですね!!
2006/11/20 10:22 AM by HTIおじさん
隣にカミさんがいたので、100ユーロが50ユーロでも無理だったでしょう。

>そのような、現実を知らなくて、スミマセンでした。
>日本にいるとそういうところがどうしても、忘れがちですね!!

いえいえ、恐縮されなくても。
ところ違えば悩みも違うということで。

ちなみに、日本で買えるシナベニヤもこちらでは入手不可能で。
代替品となる松らしきベニヤ板は各種厚さがありますが、とにかくゆがみがひどい。4mmのベニヤが日本の2.5mmラワンベニヤ以上にゆがんでいます。
たかが20cmやそこらの部品を取ろうと思っても、よほどまっすぐな場所を選ばなくてはなりません。
2006/11/21 4:50 AM by はくど

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://guns.gallery-h.net/trackback/80016

トラックバック

▲top