Rubber band GUNS  シュレディンガーの猫

Rubber band GUN Maker
シュレディンガーの猫
by HAKUDOH
ロシアのモスクワで創業し,北海道は旭川・稚内・士別と移転しながらゴム銃の工房を構えています。
ブランド名「MOSRINI」改め「シュレディンガーの猫」ということで、今後お見知りおきください。

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ガンキャリーその後 | TOP | トリガ周りの作り直し >>

2009.11.20 Friday

新作



久々の新作です。
今回は、右手から前に突き出している部分を短くすることで、装填性が向上するのではないかという仮定の元に試作したものです。



もうひとつ、新しい試みとして、Tammaryシリーズのように、銃身の側面にゴムがかかるサイドローディングタイプとしたことです。
銃身の幅は6mmありますが、集弾性はすこぶる良好です。



さらに、照準の合わせやすさ対策として、ホールドフックを2本爪タイプとして、その隙間から照準を合わせられるようにしてみました。



そして、トリガ部分。デザイン的にちょっと遊んでみました。
割と気に入っているのですが、アップにしてみると工作の雑さが目立ってますね。
作り直してみたくなりました。

20:34 | - | comments(5) | - | - | - |

コメント

待ちわびていました! 本当に久々の新作ですね(失礼)
いつもユニークなエアピストル・タイプの銃形態に加え、グリップ位置、銃身、リアフックの改良 etc.HAKUDOU WORLD 全開ですね! 素晴らしい!
一度、輪ゴムを発射して、どのような感触かを試してみたいものです・・・
今回は、左側面の写真がありませんね・・・・デザイン的なポイントになるビスがどのように処理されているのか気になります。
2009/11/20 11:42 PM by エスコペタ
エスコペタさん、ありがとうございます。

今、最後の仕上げをしているところなので、もう少ししたら裏側もアップしたいと思います。
2009/11/21 2:36 PM by はくどを
久しぶりの新作ですね!!
素晴らしい出来栄えにいつもながら見とれています。

こだわりのベアリングの調子もよさそうですね!!
ストーブを囲んでもう1丁というところでしょうか(笑)

2009/11/24 10:15 AM by HTIおじさん
そうですね。
一つ作っていると、次に試してみたいのがいろいろ思い浮かぶのですが。
でも、完成させるほど具体的なアイディアにもならなくて、結構間が開いてしまうんでしょね。
今も、次の図面を引いているのですが、なかなか煮つまらないのです。
2009/11/30 8:51 PM by はくどを
なんとまあ素晴らしい銃ですね

こんな銃が作れるなんて羨ましいかぎりです。

私には想像すら出来ないフォルムです。
2009/12/08 5:50 PM by もぐら

コメントする









▲top