Rubber band GUNS  シュレディンガーの猫

Rubber band GUN Maker
シュレディンガーの猫
by HAKUDOH
ロシアのモスクワで創業し,北海道は旭川・稚内・士別と移転しながらゴム銃の工房を構えています。
ブランド名「MOSRINI」改め「シュレディンガーの猫」ということで、今後お見知りおきください。

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< RFR-014の内部 | TOP | Inkscape でゴム銃設計1 参考資料を読み込む >>

2010.01.09 Saturday

Inkscape でゴム銃設計

私はこれまでゴム銃を設計するときにIllustrator CS2 を使ってきました。
これは,デザイン業界ではデファクトスタンダードとなっているすばらしいソフトなのですが,なにぶん高価です。新たに買えば8万円。ゴム銃製作用にバンドソーと糸のこ盤,ボール盤,ベルトサンダーなどを揃えたってお釣りが来る値段です。
旧バージョンを最新版にアップグレードするだけでも25000円もします。大学生を二人抱える身としては,当分アップデートもできません。

フリーで使いやすいソフトはないかと探してみたところ・・・

CADソフトがフリーでいくつか出ているのですが,Illustratorからの転向ではちょっと敷居が高い感じ。JW−CADなんか,書籍も出ていてよい感じなのですが,ゴム銃設計に向いているかというとちょっと違うような。

で,見つけました。

Illustrator同様ベクトル形式のドローソフト,Inkscape です。

オフィシャルサイト
http://www.inkscape.org/

窓の杜(Vistaでも使えています)
http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/piccam/paint/inkscape.html


元はLinux版で始まり,今はWindows版も平行して作られています。
Illustratorのすべての機能を網羅しているとはいえないですが,ゴム銃設計にはむしろユーザフレンドリーで分かりやすいと感じています。

というわけで,次の作品 RFR−015 はIncskapeで設計してみようと思います。
ついでに,ゴム銃作家向けの使い方解説なんかもしてみようかと。

設計時に Excelを使っている方,CADソフトに挑戦して挫折した方,私同様,Illustratorの維持ができなくなった方の参考になればと思います。

05:07 | - | comments(2) | - | - | - |

コメント

IllustratorかCADかの好みはそれぞれの環境によるのでしょうね。私の場合仕事でAutoCADを使っていたので、IllustratoはPCには入っているのですが使ったことがありません、というか使えません。反対に、Illustratorを使っているの方にはCADはなじみにくいかも知りませんね。
図面を引くということだけを考えれば、図面作成に特化したCADのほうが使いやすいと思うので、私は今でもゴム銃などの設計にはCADを使っています。ちなみに今使っているCADはフリーの「AR-CAD」です。
2010/01/09 1:15 PM by ダボ爺
確かに,CADは設計図を描くためのソフトですから・・・
ゴム銃の設計のために向いていないはずはないですよね。

私の場合,むしろ,ドローイングソフトで間に合う程度のことしかしていないって事ですね。
2010/01/09 2:38 PM by はくど

コメントする









▲top