Rubber band GUNS  シュレディンガーの猫

Rubber band GUN Maker
シュレディンガーの猫
by HAKUDOH
ロシアのモスクワで創業し,北海道は旭川・稚内・士別と移転しながらゴム銃の工房を構えています。
ブランド名「MOSRINI」改め「シュレディンガーの猫」ということで、今後お見知りおきください。

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< Inkscape でゴム銃設計1 参考資料を読み込む | TOP | Inkscape でゴム銃設計3 グリップをトレースする >>

2010.01.09 Saturday

Inkscape でゴム銃設計2 新しいレイヤを開く

グリップの形をトレースするために新しいレイヤを作ります。
このレイヤが使えるのと使えないのとでは,設計のストレスが大きく違います。
CADソフトでも,このレイヤを使いこなすと楽に設計ができますね。

レイヤというのは,図面を層状に重ねるもので,他の層(レイヤ)に影響を与えることなく,特定のレイヤだけを存分に弄り回すことができるようになります。
おまけに,レイヤごとに表示したり非表示にしたりできるので,下絵となる写真を後々隠すのにもとても都合がよいのです。

ということで,まず,この写真のレイヤをロックします。そのために左下の「レイヤ1」と書かれた左の錠前アイコン(開いた状態)をクリックします。



すると,錠前のマークが閉じます



次に,上部の「レイヤー」タブを開いて「新規レイヤー」をクリックします。



新しいレイヤーを開くダイアログが出るので,レイヤの名前をつけます。



今回は,グリップのためのレイヤなので「グリップ」と入力してやると,下のレイヤー名のところに「グリップ」と表示され,鍵のマークが開いた状態になります。



これから,グリップという名前のレイヤーに,線でトレースしていくことになります。

15:11 | - | comments(0) | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top