Rubber band GUNS  シュレディンガーの猫

Rubber band GUN Maker
シュレディンガーの猫
by HAKUDOH
ロシアのモスクワで創業し,北海道は旭川・稚内・士別と移転しながらゴム銃の工房を構えています。
ブランド名「MOSRINI」改め「シュレディンガーの猫」ということで、今後お見知りおきください。

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< アルマイト処理 2 (染色と封孔処理) | TOP | 次の作品は・・・ >>

2010.11.11 Thursday

RFR-014II



アルマイト処理を使った初の作品がこれ。
基本的な設計はRFR-014そのまま。
銃身長を20mmほど伸ばし、マズル部とトリガーガードのデザインを変更した。







06:24 | - | comments(2) | - | - | - |

コメント

これまでのRFRシリーズも素敵でしたが、アルマイト処理されたパーツの採用で、さらにヨーロピアン・テイストが加味されてゴージャスさが漂っていますね! 
まさにコレクターズアイテム!
次作を楽しみにしています。
2010/11/12 1:36 AM by エスコペタ
確かに、アルマイト処理で表現の幅が大きく広がった気がします。
ゴム銃の命中率にはまったく影響しませんが。
2011/01/01 11:27 AM by はくどを

コメントする









▲top