Rubber band GUNS  シュレディンガーの猫

Rubber band GUN Maker
シュレディンガーの猫
by HAKUDOH
ロシアのモスクワで創業し,北海道は旭川・稚内・士別と移転しながらゴム銃の工房を構えています。
ブランド名「MOSRINI」改め「シュレディンガーの猫」ということで、今後お見知りおきください。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< SK-001 | TOP | 量産銃1号機の図面 >>

2013.01.06 Sunday

あけましておめでとうございます

JUGEMテーマ:趣味


皆様、あけましておめでとうございます。
前回の更新が2012年1月7日。
なんと1年ぶりの更新であります。

今回の作品は射撃大会の貸し出し銃や賞品用、また工作教室での教材としての設計としました。

とはいえ、性能に妥協は許さえず・・・・
ということでお手本にしたのが、2011年度までチャンプの座に有り続けた奥村氏の作品。
以前、ゴム銃射撃大会の新人賞ということで頂いたものです。



シンプルでありながら命中精度は素晴らしい。

しかし、糸鋸を使わなくては作れないのは、量産向きとは言えない。
さらに、湿度の変化などで3枚重ね銃身の隙間に輪ゴムが引っかかってしまったりすることのないようにと考えたのがこの作品。

まずは、グリップを様々に作ってみました。



斜めから見たところ


機構部。


 
ホールドフックの戻しとトリガーの戻しを一本の16番輪ゴムで兼ねる。
スラドシアは3mm平板に穴を開けたもの。



ホールドフックの輪ゴム掛けは鍋木ネジ、トリガー側はピンに引っ掛けたあと、スライドシアをかぶせる。




10:37 | 銃本体 | comments(2) | - | - | - |

コメント

シンプルな構造ですが、いい作品ですね。
スライドに穴をあけるだけってのが加工がとっても楽でいいですね。
自分も参考に作ってみたくなりました。
久々に単発銃を作ってみます。いい作品をありがとうございます。
2013/01/07 10:38 AM by フォレスト
フォレストさん ありがとうございます。

手を抜くためならどんな苦労を厭わない・・・・
これが人間を賢くするのだと思っています。

フォレストさんの単発銃、楽しみにしています。
2013/01/07 8:18 PM by あくどを

コメントする









▲top