Rubber band GUNS  シュレディンガーの猫

Rubber band GUN Maker
シュレディンガーの猫
by HAKUDOH
ロシアのモスクワで創業し,北海道は旭川・稚内・士別と移転しながらゴム銃の工房を構えています。
ブランド名「MOSRINI」改め「シュレディンガーの猫」ということで、今後お見知りおきください。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ホールドフックを取り付けてみた | TOP | SK-001 の制作 >>

2013.01.20 Sunday

スライドシアの制作

JUGEMテーマ:趣味

量産用ならヒノキ棒を切って穴を明けるだけのスライド・シアだが、「作品」と呼ぶためにはそれだけではつまらない。

後端は3mmのアルミ板から切り出し、前端も3mmアルミ板を切り出してナイフエッジを作る。
そのあいだを真鍮棒でつないでシア戻しのバネはそこに通す。

押しバネは芯を通すことで初めて所定の信頼性を得られると考えている。


まず、後端のアルミ片にねじ切り。
1.5mmの下穴に2mmのタップで油を差しながら。



2mmの真鍮線にはダイスでねじ切り。
普通はハンドルをつけて使うが、2mmならダイスだけでも十分に回せる。





こうして出来上がったのがこのスライド・シア



所定の場所に収めてみる
スライド・シアにはホールドフックから下向きに押さえつける力がかかるので、それを受けるために下にも転し用のボールベアリングを使用。




17:06 | 製作過程 | comments(0) | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top