Rubber band GUNS  シュレディンガーの猫

Rubber band GUN Maker
シュレディンガーの猫
by HAKUDOH
ロシアのモスクワで創業し,北海道は旭川・稚内・士別と移転しながらゴム銃の工房を構えています。
ブランド名「MOSRINI」改め「シュレディンガーの猫」ということで、今後お見知りおきください。

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ゴム銃教室用単発競技銃 MP−002 | TOP |

2015.02.16 Monday

アルミ板にコンピュータ出力でエッチング

以前からやってみたかったこと。
それが、アルミに対してパソコンから画像や文字を出力したものをエッチングで掘ること。

本格的にやるなら感光乳剤をアルミ板に引いて感光してマスキングを作ってからエッチングとなるのだろうが、アマチュアには敷居が高すぎて挑戦していなかった。

しかし、最近、テプラの「転写テープ」なるものを発見。
http://www.kingjim.co.jp/products/tepra/cartridge_pro/21
テプラで出力したものをインスタントレタリングのように転写できると言うではないか。

これをマスキングに使えば、コンピュータから出力したデータでエッチングが彫れるはずだ。

しかし、紙に転写することを前提に作っているらしく、金属への密着度など、全く未知数。
下手をすると全く転写できない可能性だってあった。

それでもとにかく試してみる価値はあると思い、早速お取り寄せ。


トレードマークの銘板を作ってみた。

とにかくずれないようにアルミ板の上に固定。



こする棒が無いので、とりあえずハイユニの頭のプラスチック部分でコシコシ。
途中様子を見ながら精一杯こすってみたが、所々転写できていないところも。
まあ、エッチングの腐食条件も全く未知数なので、これはこれでとりあえず、腐食してみることに。



で、できたのがこれ。


転写が切れているところはもちろん傷となって出てしまっている他に、猫のひげが一部朽ち果てている。
塩化第二鉄溶液が濃すぎたようで、これはこれで一つの経験。
とにかく、転写がうまくできれば相当忠実に出来上がることがわかった。

後は転写のテクニックを磨くことと、腐食の条件を詰めていけば、実用になりそうだということがわかった。

テプラの転写テープはエッチングに使える。
これは大きな収穫である。
 

22:08 | 製作過程 | comments(0) | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top