Rubber band GUNS  シュレディンガーの猫

Rubber band GUN Maker
シュレディンガーの猫
by HAKUDOH
ロシアのモスクワで創業し,北海道は旭川・稚内・士別と移転しながらゴム銃の工房を構えています。
ブランド名「MOSRINI」改め「シュレディンガーの猫」ということで、今後お見知りおきください。

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2013.01.20 Sunday

スライドシアの制作

JUGEMテーマ:趣味

量産用ならヒノキ棒を切って穴を明けるだけのスライド・シアだが、「作品」と呼ぶためにはそれだけではつまらない。

後端は3mmのアルミ板から切り出し、前端も3mmアルミ板を切り出してナイフエッジを作る。
そのあいだを真鍮棒でつないでシア戻しのバネはそこに通す。

押しバネは芯を通すことで初めて所定の信頼性を得られると考えている。


まず、後端のアルミ片にねじ切り。
1.5mmの下穴に2mmのタップで油を差しながら。



2mmの真鍮線にはダイスでねじ切り。
普通はハンドルをつけて使うが、2mmならダイスだけでも十分に回せる。





こうして出来上がったのがこのスライド・シア



所定の場所に収めてみる
スライド・シアにはホールドフックから下向きに押さえつける力がかかるので、それを受けるために下にも転し用のボールベアリングを使用。




17:06 | 製作過程 | comments(0) | - | - | - |
2013.01.19 Saturday

ホールドフックを取り付けてみた

JUGEMテーマ:趣味

ベアリングを組み込み、ホールドフックを組んでみた。
ボールベアリングの威力は絶大で、実に軽く動く。
ただし、ゴム銃としての機能にメリットがあるか否かは神のみぞ知る・・・である。



21:30 | 製作過程 | comments(0) | - | - | - |
2013.01.17 Thursday

新作に取り掛かりました

JUGEMテーマ:趣味



去年作りかけていたものは途中で気に入らなくなってしまって・・・・で、ずっと設計にかかっていました。

なんとかモノになりそうということで作り始めました。

ホールドフック周りから順次作っています。



8mmのアルミ材から切り出したホールドフック。



6mmの穴にボールベアリングをはめ込み、ホールドフックを保持する。






作り始めると、ついつい、先を急ぎたくなってしまい、工作が雑になってしまう。
そうならないよう、気を付けよう。


05:56 | 製作過程 | comments(0) | - | - | - |
2013.01.08 Tuesday

量産銃1号機の図面

JUGEMテーマ:趣味

先の銃の図面を公開します。

pdfファイルも公開しますので、inkscape等のソフトで編集が可能です。
改良など加えてくださる方がいらっしゃれば望外の幸せです。
 

http://dp06001902.lolipop.jp/photo/MPW01.pdf
(URL欄にコピーアンドペーストして頂ければ自動的に開くと思います)



18:55 | 銃の機構 | comments(4) | - | - | - |
2013.01.06 Sunday

あけましておめでとうございます

JUGEMテーマ:趣味


皆様、あけましておめでとうございます。
前回の更新が2012年1月7日。
なんと1年ぶりの更新であります。

今回の作品は射撃大会の貸し出し銃や賞品用、また工作教室での教材としての設計としました。

とはいえ、性能に妥協は許さえず・・・・
ということでお手本にしたのが、2011年度までチャンプの座に有り続けた奥村氏の作品。
以前、ゴム銃射撃大会の新人賞ということで頂いたものです。



シンプルでありながら命中精度は素晴らしい。

しかし、糸鋸を使わなくては作れないのは、量産向きとは言えない。
さらに、湿度の変化などで3枚重ね銃身の隙間に輪ゴムが引っかかってしまったりすることのないようにと考えたのがこの作品。

まずは、グリップを様々に作ってみました。



斜めから見たところ


機構部。


 
ホールドフックの戻しとトリガーの戻しを一本の16番輪ゴムで兼ねる。
スラドシアは3mm平板に穴を開けたもの。



ホールドフックの輪ゴム掛けは鍋木ネジ、トリガー側はピンに引っ掛けたあと、スライドシアをかぶせる。




10:37 | 銃本体 | comments(2) | - | - | - |
2012.01.07 Saturday

SK-001

開けましておめでとうございます。
でもって、 ご無沙汰しております。

昨年度は始めてゴム銃競技会に参加することができ、私のゴム銃人生の大きな転換点となりました。
今年も、よりよいゴム銃製作と競技成績の向上、そして何よりもものづくりの楽しさを広めるために尽力したいと考えて折ります。
よろしくお願いします。


と言うわけで、現在制作中の作品。
大まかな設計はできて、製作も始まっているのですが・・・・
トリガーまわりがイマイチ決まらなくって・・・・

18:34 | 製作過程 | comments(0) | - | - | - |
2011.06.29 Wednesday

工房の模様替え

 私の工房は一間半(2.7m)幅の押入れである。

息子が大学で拾ったというサーバマシン(こんなものが捨てられるあたり、さすが天下のT大である)にUbuntu11.04をインストールしてゴム銃開発用マシンとして工房に収めた。

ディスプレイはカミさんがノートパソコン以前に使っていたものの払い下げである。

設計に使うソフトはもとよりLinkscapeで、Linux版が本家である。

これまでは工房とちょっと離れた(と言っても数歩であるが)メインマシンで設計を行なっていたが、図面と実物を見比べながら作業ができるようになった。





20:57 | - | comments(2) | - | - | - |

▲top